ラベル コダワリ・ウラワザ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コダワリ・ウラワザ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年10月11日水曜日

変わった使い方



一間半よりも長い窓でも使えることがうたい文句の
ブラケットスルーのリングランナー。
明日はちょっと違う使い方。
サッシを切っているため、中央の縦桟がずれていて
右端も柱から離れている一軒の窓。
これだと3個の内、2つはアンカーになってしまいます。
そこで4つのブラケットを使い、
全て縦桟にビスを効かせてる方法を取ります。
ボードを2枚貼りしている感じなので、
長めのビスと黒の油性ペンも持って行きます。
シンプルな工事ですが、小細工色々です。

2017年10月10日火曜日

華やかなカーテンの陰で


本日、宮殿作りにお邪魔したO様の現場です。
メーターモジュールの家に尺の窓、
天井にスワッグバランスを付ける関係で
レールも高い位置に取り付けます。
この時点で「下地無いな」となるわけですが、
コンセントの位置から、窓から柱までの距離を推測し、
窓とスワッグバランスとの関係やそれに伴うレールの長さを考えて
出した結論が写真の方法です。
エリートのキャップストップの上をカットして、
ブラケットをギリギリ外へ。
そこからさらに長いビスで左斜め打ち。
サラッと終わったように見えて、
実はその前段階でかなりの計算をしています。
肝心のカーテンも最高の仕上がりで、
とても喜んで頂けました。
O様、ありがとうございました。

2017年10月5日木曜日

意味のある位置

本日施工したF様のシェードです。
裾から少し上がったところにトリムを付けたデザインです。
そしてこのシェードを上げると…
ちゃんと裾にきて、
どの高さにしてもトリムがちゃんと見えるようになっています。
こちらはアートケイさんが位置を確認しながら製作してくれました。
色々なプロの知恵が結集されて、一つのシェードが出来上がっています。

2017年10月2日月曜日

カバー調整




本日施工したM様の現場です。
天井際にある横長の窓。
その下には収納庫がせり出していて、
チェーンを斜めに引っ張るようになります。
そこで、チェーンカバーがチェーンに擦れないように、
実際に自分で操作しながら調整しました。
初期設定のままだと、
チェーンを動かすたびにガラガラと異音が出てしまいます。
ちょっとしたことですが、
使い勝手は大きく違います。

2017年9月30日土曜日

左右対称のシェード



バタバタとしている間に納品が終わってしまいましたが、
H様のシェードはこんな感じで発注しました。
横長の窓を挟んで左右対称に位置にする縦長窓。
柄の位置も左右対称になるように生地の天地を逆にして製作しました。
アートケイさんへの縫製指示書には
写真のように絵を描いて説明します。
納期も厳しい中での納品となりましたが、
キッチリとご提案させて頂きました。
ありがとうございました!

2017年9月12日火曜日

逆L字型ブラケット



開口部に間仕切り用のパネルカーテンを取り付けたO様。
通常はL字のブラケットを使用しますが、
レールを三方枠に付ける関係上、
逆L字の持ち上げ式ブラケットを使用しました。
こうすることでレールの取付高さが下がらないので、
カーテン上部に隙間が出来ません。
取り付ける場所や商品の目的に沿って
最適なブラケットを使っています。

2017年9月3日日曜日

あえて、ずらす


シェードを複数台お作りする場合、
基本的には全ての柄位置を合わせるのですが、
(同じ位置に同じ柄が配置されるようにする)
揃うことで違和感が出る窓の位置関係や柄があります。
そんなことを考慮してお作りしたのがT様の現場。
縦横共に微妙に柄をずらすことで、
花が咲く風景に自然さが出ます。
シェードの作り方も色々と奥が深いものがあります。

2017年8月19日土曜日

間仕切り仕様のカーテン


L美容室様のカーテンが入荷しました。
幅の広いフラット仕上げは間仕切りとして使用されます。
今回はそうした使い方を考慮して、
通常は10㎝折り返す裾を2㎝に。
中から見た時に少しでも「裏側」という
見え方をしないように 工夫しています。

2017年8月16日水曜日

Y様入荷しました




今日から当店は通常営業です。
こちらは土曜日にお届けのY様のれーす。
仕上がりを確認後、再梱包して出番を待っています。
レースのみ架け替えのY様ですが、
確認するのはレースだけではありません。
既存のドレープとの仕上がり丈の関係をどうするか、
ドレープの買い替え予定時期などもお聞きしながら、
寸法を確定します。
架け替えには架け替えの、ポイントや難しさがあります。

2017年8月11日金曜日

当然の裏側

S様の現場では通常のブラケットの他に、
2種類のものを使いました。
こちらはリビング。

カーテンがAフックのため、
管下をあまり下げたくないネクスティは
逆L型のブラケットを使用。

こちらは洋室。



















窓枠から天井まで30㎜しかないバルコニー窓。
ネクスティでは光漏れしてしまうので、
エリートの正面付けをお勧めしました。
使用したのはT字型のブラケット。
天付の場合、野縁(天井の桟)との方向によっては付きませんので、
このブラケットとなります。

当然のように問題なく終わる工事も、
実は色々な専門知識を駆使しながら行われています。


2017年8月3日木曜日

似てるけど…


お引越し前のお時間がない中でカーテンをお選び下さったS様。
レールはネクスティとエリートというカーテンレールの2トップ。
見た目は良く似ていますが、役割は明確に違います。
お部屋のイメージやカーテンとの相性も考えつつ、
レールに合ったご提案をさせて頂きました。
取り付け箇所の特徴に合わせたブラケット選定など、
工事に関する対応もバッチリ。
時間はなくても、きっちりとご提案をさせて頂きました。
出来上がりを楽しみにお待ちください。

2017年7月24日月曜日

付けないで~


ご紹介が遅くなりましたが、
E様も発注が完了しております。
リビングに取り付けるバーチカルブラインドは
防炎ラベル不要の指定をします。
一つは見た目の問題、
もう一つは交換のしやすさです。
スラットの汚れた時の対処法は
汚れの種類によってご説明していますが、
それでもうっすらと残ってしまうこともあります。
そんな時は一番目立たないところと交換するのが簡単な解決策。
でもそこには防炎ラベルが付いていて交換できない…。
となってしまうので、このような指定をしています。
モアラップ仕様はボトムコードがないので交換もしやすく、
こうしたご提案が出来ます。

2017年7月18日火曜日

理由は大事、解決策はもっと大事




















450㎝の長~い縦型ブラインド。
ホームユース用のメカではコード式は出来ません。
出来るメーカーもありますが、
大事なのは出来ない理由。
コード式の場合、
操作棒の横回転をシャフトの縦回転に変化させます。
その場合、シャフトは操作位置から近い側から回転していきます。
長ければ長いほどにズレは大きくなり、
操作側は閉まっているのに
反操作側は半開きという状態になります。
また、細いものを回すには力が必要になりますし、
部品への負荷もかかります。
 その上で、解決策として業務用メカのご提案。
カタログには記載がないモアラップ仕様で。
メカ物はカーテンに比べて専門店の必要性が低いと言われがちですが、
決してそんなことはありません。

2017年7月16日日曜日

30㎝から5mへ


ヒアリングの際に使うイメージボードの第2版が出来ました。
第1版同様、カーテンの写真はほとんど無し。
部屋の全体写真を中心に、
家具や照明や雑貨を散りばめたものにしています。
写真のセレクトやレイアウトは
全てスタッフがやってくれました。

私がこのボードの必要性を感じたのは、
この業界の第一人者である方から
「日本は30㎝のインテリアなのよね」という言葉を聞いたからです。
目を離すと見えてくるもの、
それはどんな部屋にしたいかというイメージだったり、
自分や家族が生活するシーンだったり。
そうすると、自分が部屋に期待するものが見えてきます。
それをお客様と一緒に考えて形にするために5m離れてみる。
そのためのツールがこのイメージボードなのです。
もちろん30㎝を捨てているわけではありません。
その距離のこだわりは、
お客様がいらっしゃらない時に、
私とスタッフが頑張っています。
苦悩の時間ですので、お客様には見せられませんが(笑)。

2017年7月14日金曜日

簡単な工事ですが


開口部に片開きカーテンを付ける
というケースが時々あります。
その場合、レールを裏側につけて
カーテンは表面を向けることもあるのですが、
注意したいのがブラケットの種類。
シングル用だと壁に擦ってしまいますので、
ダブル用に1本だけレールを付けます。
「そんなに壁から離さないとダメですか?」と
良く聞かれるのですが、
特に開けて厚みが出ると、この寸法が必要になります。
簡単な工事ですが、専門知識があるかどうかで、
お客様の快適性は大きく変わります。

2017年6月14日水曜日

プロセス

















本日納品させて頂いたN様。
お手頃価格の均一カーテンからお選び頂きましたが、
そこは当店らしくキッチリと。
いつも通り、お部屋のイメージをお聞きして
窓の構成やサイズに合わせてご提案致しました。
もちろん、採寸にも伺っています。
当店はカーテン屋ですので、
買って頂いたカーテンがお部屋を素敵に彩ってくれることを
願っているのですが、
それと同じくらいプロセスも大事にしています。
それが専門店の役割だと思っています。

2017年6月5日月曜日

メカ物の発注

S様の発注をしました。
ブラインドやロールスクリーンなどの、
いわゆる「メカ物」を発注する際の私なりの約束事は、
取付高さではなくチェーン(コード)の長さを書くことです。





















取付高さを書くとメーカーさんの基準で出来上がってきます。
でもこの寸法はあくまでも、
どのような場合でも問題が生じない最大公約数的な基準です。
そのため、それぞれの現場や家具の配置、
お客様の身長などによっては不便になるケースもあります。
ちょっとしたことですが、大事なことです。



2017年6月4日日曜日

T様のシェードメカ


T様のシェードの発注書です。
上の段はリビングのシェード。
クロス巻込みの窓に天付けしますので、
標準のホワイト色を使います。
下の段は寝室です。
深い紺色のクロスに正面付けしますので、
こちらはブラウン色のメカを使います。
厚地のシェードは上げておくことが多いので、
白だとチェーンが目立ってしまうからです。
プランも考え抜きましたが、
こうした細部もきっちりと指定してお作りします。
するい¥

2017年5月30日火曜日

ギリギリの場合の対処法


M様邸の現調に来ています。
ロールスクリーンがご希望で、
既にその位置も設定されていましたが、
問題になるのがウエイトバーです。
生地が上がりきった時は、本体の後ろ側に入り込むので
その分も必要となります。
寸法はかなりギリギリ。
そこでチェーンのコネクタを取って、
ウエイトバーが後ろに入り込む直前で止まるようにする
方法をご提案しました。
ブラケットも通常の無地では外せなくなる可能性がありますので、
逆向きに取り付けます。
現場を見ないと分からないことが色々とあります。


2017年5月25日木曜日

黒いレース



明日お届けのK様の黒のレース、
お届け前にチラ見せ致します。
これまで少なかった黒のレースですが、
光の反射がなく、外が良く見えるという特性が注目されつつあり、
今後は増えていくような気がします。
見た目もカッコよいですし。
右上にちょっとだけ写っているグレーのレースは
タイのブランドPASAYAのもの。
横使いの生地を上下に2分割して使用し
価格を抑えるというウラワザを使ってのご提案です。
こちらも良い感じで出来上がっています。
明日、宜しくお願いします。